簿記って?

 

 
簿記とはお金の計算です。

お金の計算なので「小遣い帳」や「家計簿」も立派な簿記です。
でも、会社、法人の「お金の計算」って方が、「簿記」って感じがしませんか? 
個人商店もそうですが、なんとなく「会社」をイメージする方が分かりやすいって思いますね。


簿記の目的

1.会社の営業活動に伴う財産の増減を,合理的な経営活動のために管理する(複式簿記)
2.一時点の企業の財政状態を明らかにする(貸借対照表)
3.一定期間の企業の経営成績を明らかにする(損益計算書)

  

 

いつ計算する?

 


 


 日本には「ごとび」って言葉があります。 

「五」と「十」の付く日って意味です。
つまり、5日、10日、15日、20日、25日、30日です。
30日は、「末日」 まつじつ・・・月末の事です。

家庭でも「今月は、出費が多くって・・・」なんて愚痴を聞いたことがあるでしょう。
ひと月を一か月として、家計簿の帳尻を合わせます。

「帳尻を合わせる」・・・収入と支出とが合うようにする。「年度末に借金して―・せる」

ってことは、大体「月末に計算する」

会社は、設立する時に「決算日」を設定します。
自分で決めることができます。
大企業は、3月31日を決算日としています。
国や役所が、3月31日で1年間としているからでしょう。

「いつ計算する」は、1年間の帳尻は、決算日、毎月は、決算の日、3月31日が決算の会社なら毎月月末に計算します。

この期間を「会計期間」って言います。
「事業年度」と言ったりもします。
平成何年度の売上は・・・ってな言い方とか、会社の継続年数(何回目の決算か)から「第何期」の売上は・・・といういい方は、事業年度的に会計期間を表現したものです。

 

 

どんな方法で

 

★単式簿記(たんしきぼき)



 まるで家計簿です。

現金の出入りだけを管理するのが「単式簿記」
「管理」とは、帳面に付けることです。

 

 

★複式簿記(ふくしきぼき)


会社での会計を「企業会計」って言います。
企業会計は、複式簿記が採用されています。


現金の出入りだけでなく、その原因も記帳します。
原因とは、会社で「お金が増える」=ボールペンを売ってお金が増える。
また、銀行から借り入れをして、お金が増える。
単式簿記は、お金の増減(結果)を付けていましたが、商品を売った、銀行から借金をしたという「お金の増減」の原因も記帳する、これが、「複式簿記」です。

 

 

 

商業簿記と工業簿記

 

 

商業・工業って 

商業とは、 商品の売買に関する経済活動。
商品とは、売るために購入(仕入)、ボールペンやパソコンを買って、お客様に売って、差額を儲ける活動が「商業活動」

工業とは、農業、林業、漁業、水産業、牧畜業、鉱業など、資源を採取または育成する産業に対して、これらに道具や機械によって加工したりした生産物(製品)を、工場で製造する産業を工業industry、または製造業manufactory industryという。・・・「製造活動」

商業活動している会社の会計を「商業簿記」
工業活動している会社の会計を「工業簿記」


複式簿記は、取引の原因と結果を貸借平均の原理によって各帳簿に記録します。

日商簿記3級は、複式簿記による商業簿記が対象範囲です。

貸借平均の原理とは

簿記での各勘定への記入は、借方とその相手勘定の貸方には必ず同じ金額が記入されます。
よって、すべての勘定の借方(左側)の合計額と貸方(右側)の合計額は必ず一致します。
これを「貸借平均の原理」と呼び、複式簿記全体の基本的な原理です。
 

 

 

Copyright(C) 2011 - 2016 Meiyo License School. All rights reserved    v7.4.13

▲ページトップへ